SEMとは、自身のサイトへのアクセスを増加させる事を目的とした、検索エンジンを広告媒体として活用するマーケティング手法ですが、この場合の検索エンジンとは、一般的には、Yahoo!JapanやGoogleといった、大手検索エンジンを指すと思います。ところでこのマーケティング手法の中には、SEO、つまり検索結果ページに上位表示させる事も含まれている訳ですが、さらに検索結果ページにて、自身のサイトにユーザーの注目を集めさせるために、有料の検索連動型広告などを利用する事があります。主に、サイトを活用してビジネスをいっている、法人あるいは個人事業者が実践している手法であり、有料の広告を利用するだけではなく、SEOに関してもプロの業者に有料で依頼するケースが多いのではないかと考えます。
なお、インターネットを活用したビジネスにおいて、このマーケティング手法が広く実践されている要因としては、高い集客効果を期待出来る事、そして、興味や関心を持ってサイトへアクセスする人が多い事などが考えられます。
SEMという単語を知っているだろうか?SEO(検索エンジン最適化)という言葉はよく目にすると思うが、SEMを目にすることはこれまであまりなかった。一言で説明すると検索エンジンから自社Webサイトへの訪問者を増やすマーケティング手没である。SEO対策となにが違うのか?つまりは検索エンジンで任意のページが上位に表示されるようにするページを最適化するSEOをも含むサービスなのである。単純なSEO対策の他に、キーワード連動型広告や有料リスティングサービスによる広告掲載などの手法なども含まれてくるわけである。
私が最近知った手泡衛星サイトもこれにあたるのではないかと思われる。(任意のウェブサイトにリンクする衛星サイト(ある程度内容はあるが、目的は任意のウェブサイトへのアクセスの誘導)をいくつもつくることで、そのウェブサイトの価値を高める手法)なににせよ検索エンジンの上位に表示されることは企業にとっても、また個人でアフェリエイトサイトなどを運営している人間にとっても、重要なことである。そこから訪れるユーザーは、優良な顧客になってくれる可能性がたかいのだ。また顧客にならなくても、宣伝にはなる。
つまり検索エンジン自体が、優れた広告媒体としての意味を持つと言うことである。この優れた広告媒体を積極的に活用するマーケティング活動……それこそがSEMの本質といっていいだろう。